« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月29日 (木)

涼しくないけど、ヒヤッとした話

今日、気がつきました。
自分のココログに、自分の名前が一切
表示されていないことに・・・

トラックバックをつけていただいた方の
ページを見ていて、初めて気がつきました。

プロフィールは表示しない設定にしてあったので
全く、今日までは「私は誰?」状態でした。

激しく反省しています。
反省の証に、初めてトラックバックを使ってみました。

果たして、うまくいくのか?
人生、結果オーライですよ(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月28日 (水)

キックオフ

今日はサッカーイベントのお手伝いをしていました。
ボランティアではなく、お仕事の一環です。

でも、サッカーに没頭する子供たちを見るのも
実に楽しかったです。
みんな、勝ち負けよりも、自分の力を
出し切ったか、どうか、
そこにこだわってほしいと思います。

いつのまにか、世間を常に斜に見る癖の
ついている自分としては、こういうのをたまに
見られると、実にリフレッシュさせられます。

でも、自分にとって、そういう時間がこれから
来ることはないと思うと、少し寂しい気もします。
あんなに熱い日々を経験することはないんだと

年を取ると、経験も増えるし、知識も増える
そいて、ずる賢くなるし
自分を傷つけないようにもなるし

でも、できるなら、今日見せてもらった、熱い気持ちを
もう一度、取り戻したいです。

そんな意味では、今日がんばった選手、スタッフの皆さん
ありがとう

明日からも、また頑張るか
自分に与えられたフィールドで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月27日 (火)

プロジェクトX(エーっクス)!!

プロジェクトXのコミック版が好きです。
テレビを見ないので、実際の番組のことは
よく知らないんですが、コミック版の
プロジェクトXは、全部読みました。

一番、好きなのはセブンイレブンのかな
黒四ダムも好きです。

時代的なこともあるんでしょうけど
高度経済成長の時代を支えていたのは
太平洋戦争の現役世代で、戦後世代が
それに引きずられるように、日本の国を
支えてきたのだなと、

でも、時代とともに、取り上げられるテーマも
戦争の影が薄くなり、現代により近い
時代になってくると、また、そこには新たな
ドラマがあって

車のメーカーの物語は、メーカーの個性が
感じられて面白し、
最新刊のパンダは、また戦争の悲しみを
そこはかとなく感じさせてくれているし
東京タワーも良かったな。

何か、今日はまとまらないので、この辺で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月26日 (月)

Viva! 夏休み!!

夏休み!
いい響きだな。夏休み!
夏休み、大好き!!

でも、社会人の夏休みは、切ないよね。
できれば、小学4年か5年頃に戻って、夏休みを
丸ごと、楽しみたいです。

学校の裏山に秘密基地を作ったり、

と書いていて、これは浦沢直樹さんの
20世紀少年のイメージの借り物のような気もしてきますが、
違います。
リアルです。
本当に、あんな感じだったのです。
夏休みが

マンガよりも、少し年は小さいはずですが
(大阪万博は、あまり記憶に残っていない)
あんな感じの夏休みだったんです。

でも、年をとり、中学生や高校生になるころには
”夏休みデビュー”とか予備校の夏期講習とか
思い出すと、本当に平凡な夏休みを過ごしていたのだと
改めて実感します。

小学生の頃の夏休みが郷愁だとすれば、大学生の頃の
夏休みは、まだ思い出の範疇になんとか踏ん張っている状態かな

バイト、バイトの連日だったり、
暑くて眠れなかったり、
ゲーセンで1日過ごしたり、
前に書いた日本海夕日コンサートも夏の思い出ですが、
夏休みの思い出というと
ヤマハのバンド・エクスプロージョンに出たことかな
(もちろん、地方予選に、です)
コンテストのセッティングを、搬入からはじめ、
撤収まで、全部やって、
当時はコンサートの裏方のバイトもやっていたので
何の違和感もなかった。
逆に、他のバンドが全然、スタッフに手を貸さなかった方が
不思議でした。

で、結果は

見事、参加バンド中唯一の「スリル賞」獲得!!

早い話が、参加賞でした。
演奏もかなり、危ない感じのものだったのだと思います。

でも、あの1日は忘れられないですね。
やけたアスファルトとホコリの匂い
夢中になれるものがあって、夢中になれたのですから

願わくは、今、夏休みを迎えている人たちにも
同じように
楽しい夏休みが過ごせますように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月22日 (木)

夏は緑!夏は青!

今日は山へ写真を撮りにいってきました。
標高2000mを超える山なんですが、
いやあ、涼しい、涼しい
全くの別世界でした。
天気も良かったし(天気のいいときを狙っていたんですが)

話を聞くと、昨日は天気が悪く、ストーブを炊いたほどだそうです。
あえて、地名は書きませんけど、夏休みで山へ向かう皆さん
本当に、別世界ですので、装備は十分に整えてください。
あ、場所は関東のはじっこの所です。
ドライブがてらでもいいから、ちょっとだけよってみてください

でも、夏の山は草木が育ち過ぎていて、見晴らしは
あまりよくないんですよ。
見た目は”オールグリーン”できれいなんですけど

やはり、山に暮らすものは、海のブルーが夏なのかなと
改めて考え込みました。

そういえば、海でも見にいこうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月21日 (水)

in the moonlight

今日も今日とて、熱かったですね。(←意図的)

アポロ宇宙船が月面に到着してから
今年で35年だったかな、確か1969年のことだと思ったので

当時、私は小学生にもなっていなかったので、正直リアルタイムの記憶は
ないのですが、それでも、6年生になる頃には、月を見上げて
「人類は、あそこにいったんだ」
と想像できる程度ではありました。

でも、最近は「アポロは月に行かなかった」説が
意外なほど、世間に流れているみたいです。

最初は映画のカプリコン1あたりから始まった話なんでしょうけど、
正直にいって、これを信じている人は、想像力が欠けている
としか思えません。

ただ、アポロ計画以降、NASAがスカイラブやスペースシャトル
といった地球の周回軌道周辺のミッションを中心に行ったためでも
あるんでしょうけど。

まあ、確かに時代的背景抜きではアポロ計画は語れないし、
ソ連とアメリカの冷戦がなければ、あの時代に月面到着は
ありえなかったのは事実だと思います。

当時はプライドはプラチナより高かったわけですから。

ボイジャーやバイキングといった惑星探査船の時には
新聞の一面に写真が掲載されていたのに
今、土星で観測を行っているカッシーニは、あまり話題に
のぼることもなく、寂しいことだと思います。

逆に、こういう時代だから、アポロは行かなかった説が
通用するのかも知れません。

手に触れることのできるものが、全てではないと思うのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月20日 (火)

連休明けは、やっぱりツライッ!!

今日は、ちょっとマジメに

私の町は山の中にあります。
一応、観光で成り立っている町です。
だから、このシーズンになると多くの方に訪れていただております。
また、都会の喧騒を逃れるために別荘を所有されている人も大勢います。

でも、私たちは、この町で暮らしているのです。
地元の人間は保養するために、この町にいるのではありません。
汗を流しながら、日々を一生懸命暮らしているのです。

お役所には、いろいろな問い合わせ、苦情がきます。
「東京では、こうだった」
「観光地なんだからこうしろ」

だいぶ昔の話ですが、私の町では朝8時に防災無線のチャイムが
鳴ります(ちなみにお昼の12時、夕方の5時にも鳴ります)。
で、
「せっかく避暑地に来たのに、朝8時に起こされるのではたまらない」
と苦情の電話がきました。
この苦情は後にも先にも、この1回きりでしたが、
そうか?と、考え込んでしまいました。

後、回数でいけばダントツなのが
「マンションを持っていて、税金を町に払っているのだから
町民と同じサービスを受けさせろ」
というものです。
ちなみ公共施設には町民料金が設定してあります。

普通の地方公共団体では、税金の支払いの有無よりも
住民票の有無に従って仕事をするものでは?と思いますが

ただ、この辺は、確かに難しいです。
一概には言えません。
けど、税金を滞納していても住民票関係の発行サービスや
選挙で投票できないとか、そういうことはありえません。
住民票の有無が一つの判断基準であることはまちがいありません。
税金の収納の有無ではありません。
(現在は納税証明があれば、町民料金が適用されます。)

隣の村のホームページに掲示板があって、町村合併の話が
出たときも、やはり「税金を払っているんだから、投票したい」
との発言がいくつかありました。
これは、裏を返せば(こんな言い方はしたくないですが)
「金を払っているんだから、俺に発言させろ!!」
ということですよね。

何かはきちがえていませんか。
別荘等を所有しているため、固定資産税等の支払い義務が
生じることを承知の上で、別荘等を所有しているわけでしょ
決して参政権が欲しくて、別荘等を購入したわけではないでしょ

最初の方にも書いたけど、この町で暮らしているのは
地元の住民なのです。
「私の暮らしている都市では、こんな住民サービスをしている
おたくのところは遅れているね」
まあ、ただの田舎町ですから、都会のようにはいきません。
確かに住民の方に不便を強いている分野も多いです。

でもね、
だったっら来るなよ!

と、言えたらな・・・
すいません。今日は少しばかり
感情的でした。
でも、たまには・・・ね

(別荘持っている人間が「年金生活で苦しくて・・・」
あなたなら、どう思いますか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月15日 (木)

プレリュード(車です)

あれ、ココログのトップページのレイアウトが
変わったのですね。
何か前より使いやすそうです。
でも、慣れるのが先かな

今日も暑かったっすよ!!

今、車はホンダのプレリュードに乗っているんですけど
正直言って、気に入っています。
運転していて楽しいし、パワーもあるし
何一つ不満はありません。

しかし、最近は乗る機会もぐっと減りまして
もっと小さな車にしようかな、とも考えて始めています。
それと、維持費もやはり気になるので

で、ホンダのセールスさんはフィットを推してくれているんですが
どうでしょうか。

こちらの条件としては
・コンパクト
・4駆
・燃費がよい
・それなりにパワーがあればよい
・小さいので十分
くらいかな

そうするとマツダのデミオとか
あまり車種はないんですよね
ま、三菱は論外です。もちろん

最初の車がホンダ(インテグラ)で、ホンダイズムに共感があるので
多分、またホンダ車になるとは思うのですが

でも、最近、実際に買える値段で、乗ってみたい!
と思える車が、ほとんどないんですよ
値段を気にしなければRX-8ですか
トヨタのセラも興味津々でしたが

そういえば2~3週間前にトヨタのセラが
コンビニで隣に止まって
あのガルウィングから、きれいな女性が降りてきました。

かっこよかったな
セラ、もう一度、リニューアルして売り出しませんか
絶対に買うと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月14日 (水)

今日はちょっと、控えめに・・・

ふと気がつくと
ブログのネタを探している自分に気がつく。
日常生活の中で、

今の時点では、いい傾向だと思っています。
今まで、なんか流されるまま、という毎日でしたので

ネタがないと、どうしても仕事の愚痴になってしまいます。
やはり、読んでいて気持ちのいいものではありませんし
(ただ、書くほうは確かに気持ちいいです。)

さて、地方の人のおもてなしは
自分にとってでき得る限りのおもてなしをする
傾向がありますが、
本当は、相手の立場に立って、
相手の望むものを与えることができるのが
おもてなしではないでしょうか

その辺、確かに難しいところがあるんですが
相手の視線は、意識したいところではと思います。

まあ、相対的な部分もあるので、
何をもってして正解とはいかないところですが

人と人とのふれあい、
できるだけ大切にしたいところだと思います。

そういう視点に立って見ると
私はかなり反省すべき点が多いです。
反省します。

今日はちょっとまとまりがないんですけど
そういう日もあるということで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月13日 (火)

夏はビール!!

いつもより早く梅雨が明けたようで
これなら納得して「暑い!!」といえます。
とりあえず、
今日も暑かったですね!

さて、夏といえばビール
何はともあれビールです。
(本当は年中ビールですけど)

今夜もビール
明日もビール
海辺でビール

いつでも、どこでもビール
ビール万歳!

以前は、強い酒も飲んでいたんですけど
一度、肝臓の関係で入院してからは
ビール一筋です。

肝臓は酒とは関係なかったのですが、
病院のベッドで「ああ、もう一生酒は飲めないんだな」
と、一人悲しみに沈んでいたときに
「ビールだけは飲みたい」
と、心の叫びが・・・

夏の日差しの中、汗をかいて、日も沈んだ頃
冷蔵庫のドアを開け、冷えたビールを
プッシュっと、
ゴクゴクゴクと、
プハーっと、

その映像が浮かんできました。

退院するときに、先生に
「酒は飲まない方がいいんですか」
と聞いたら、飲みすぎなければ飲んでも
一向に構わないですよと、
ああ、そのとき以来、私の人生の楽しみは
ビールを飲む、その瞬間に固定されてしまったのです。

ビールを毎日、飲める幸せを噛み締めながら
今日も飲まさせていただいております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月12日 (月)

憧れのシーサイドライン

あきたんさん、トラックバックありがとうございます。
あの懐かしい新潟の海が見れて、感激しています。
きょうは、ちょっと時間がないので、とりあえず
御礼かたがたまで

でも、こうやってjojoにトラックバックやら、
コメントをいただけると、本当に励みになります

カウンターはまだ低いけど、気長に続けられれば
と思います。

でも、カウンターの数値が1万いったり
同じ時期に置かれたカウンターが5千を超えていたり
すると、やはり、何が人を引き付けるのかと
気になります。

まだ、トラックバックのやり方も十分に
把握していないので、これからも努力、努力の
ポジティブシンキングでいきたいと思います。

というところで、今日はおやすみなさい

昨日の選挙の投開票作業のお陰で
1時間しか、寝ていないもので・・・
Zzz・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年7月 9日 (金)

7月11日は参院選の投票日です!

もう期日前投票に行かれましたか?
7月11日の投票日にいかれる予定ですか?

あなたの意志を国政に反映させるためにも
投票にいきましょう!

参院選関係のブログが増えてきているようです。
皆さん、それなりに、やはり興味は持っているようです。

で、誤解も多いので

・期日前投票(”事前”投票ではありません)は
 宣誓書を書かされる、納得いかん!

公職選挙法(公選法)で、選挙期日(投票日)に
投票所で、投票を行うことが定められています。

あくまでも、期日前投票とか、不在者投票というのは
選挙の、あるいは投票方法の例外規定なのです。
なので、投票日当日に投票所へ行けない理由を述べ、
期日前投票を行っていただくわけです。

・先月、今の街に引っ越してきたが、
 今回の投票は前の住所地でないと投票できないと言われた
 今住んでいる街で投票がしたい

投票をするためには選挙人名簿に名前が記載されて
いなければなりません。
そのためには、住民票が作成された日から
3ヶ月が経過しなければならないのです。
極端な話、1ヶ月ごとに住民票を異動していると、
選挙人名簿に名前を記載されることができないため
全国、どこにおいても投票することができなくなります。
また、この3ヶ月というのも微妙で投票日を起点とは
しません。
公示あるいは告示の日が基準日となります。
(違うかな?ちょっと自身がない)

・選挙の入場券が来ないので投票に行けない

入場券がなくても、本人の確認がとれて、選挙人名簿に
名前が記載されていれば投票はできます。


現場だと、もっとわがままで理不尽なことを
言われます。
「母親が寝たきりで動けないので、私が代わりに
投票にきました」とか(本人でなければ投票はできません。)
「さっき投票したけど、気が変わった。
投票のやり直しがしたい」とか(絶対に、100%無理です)
ほんと、怒鳴りつけたい時もあります。

でもね、公選法がそれを定めている限り
それに反したことはできません。

前にも書いたけど、正直、公選法は悪法だと私は
個人的に思っています。
でも、逆を返せば、それだけ不正が多いということだと
思います。
一部の悪事を企む人のために、
大多数の人が、その権利の行使を制限されている
状態では、と

でも、選挙権を行使するのは国民の権利です
放棄しては正直、損だと思います。
納税・教育・勤労の義務を課されているのですから

権利を行使しないと、課されている義務が
どんどん、理不尽なものになりかねません。

ぜひ、投票をして、あなたの声を国政に活かしましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月 8日 (木)

夏の日差しの中で・・・

・・・暑い・・・

先ほどまで雷とともに、激しい夕立がありました。
雷が鳴ったということは、梅雨明けも近いのかな

雨で流し出された土や砂のかたまりを
足で踏みしめながら、エントロピー増大の法則を
なんとなく実感しました。

「閉鎖系においては、平均してエントロピーは増大する」
でしたっけ、熱力学の第2法則は、
違っていたら、ごめんなさい

日常的な言葉で言うと
「起こる確率の低いものは、起こりづらい」
みたいな、内容でいいんですよね。

実際のところ、感じたものを描写すると
雨が降って、高い位置にあった土や石、砂が
低い位置に流されていた

ただ、それだけなんですけど
まあ、物事の感じ方は人それぞれということで
ご勘弁を

そういえば昨日の7月7日
七夕の日でしたね
七夕といえば天の川
英語で言うとミルキーウェイ
太田君、元気かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月 7日 (水)

私を球場に連れていって

また、同じ言葉ではじまりますが、もう日本全国
これは許されることでしょう

今日も暑かったですね。

夏は好きだけど、こうまで暑いと
8月なんかはどうなってしまうのでしょうか

さて、近鉄とオリックスの合併ですが、
正直、私は野球ファンではないので
あまり詳しいコメントはできません。

でも、ファン不在でことを進めるのは
どうかと思います。

いや、何もファンの声を聞けとか、アンケートを
とってそれに従えとか、そういうことではなく、
プロ野球ファンの声を聞く姿勢くらいは
見せてもらいたいものです。

プロ野球を支えているのは、オーナーではなく
ファンなのですから

ライブドアの買取宣言も、最初から相手にせず、
1リーグ制への移行が、あたかも既成事実の
ような段取りで進んでいたのでは
プロ野球の将来はないと思います。

私は一応、ON時代は巨人ファンでしたが、それも原が選手で
がんばっていた頃まで。
松井は好きだけど、今は、そのまま大リーグの方に
興味が移っています。
ま、でも、松井が打つと嬉しいくらいのものです。

金になるはずの巨人戦でさえ、長期低落傾向が
顕著ですから、このままだとプロ野球の将来は
かなり暗いものになる気がします。

もっとも、日本でフィールド オブ ドリームは
最初から期待すべきものではないとは思いますが。
でも、このままで本当にいいの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月 6日 (火)

悲しみの地方公務員 あぁ・・

この出だしは、もういやなんだけど、やはり・・・
今日も暑かったですね。
私の町は最高気温が28℃でした。
でも、これは山間部の町としてはかなり
高い気温になります。
梅雨明けはまだ、ですよね?

さて、最近、職場のパソコンでよく公務員関係の
サイトの掲示板を見ています。
(仕事が暇な時期なんです、なぜか)

どこにでも、必ずいるのが
不祥事を起こした公務員を話題にして、
公務員全体に対して攻撃を行う人です。

この間もどこかの市役所でサボりすぎた
職員の処分が新聞に載っていましたが、
とたんに、「公務員は・・・」と書き込みが
されていました。

でも、報道される公務員の不祥事って
ほとんどが、個人的な資質に
大きな影響を受けるような内容が多いですよ。

私の町の役場でも、仕事をろくにしない
職員は確かにいます。
でも、本当に、そういう人は極少数ですよ
1人、2人の単位です。

そういうのは、どこの職場でも、そんなに変わらない
と思うけどな。

でも、確かに変人は多いような、気がします。
田舎の町だし、生涯のほとんどを町の中で
過ごす人が多い町だし、ある程度、社会常識と
かけ離れている部分は、あきらめるしかないんですけどね。
(そういう人が上司になると・・・最悪)

それと世間では、役場の職員は定時(午後5時)
に帰れると思われていることが多いんですが、
特に、うちの町の人は、厭味をこめて、言われていますが、
これも、今までの、数多くの先輩方の
血と汗と涙の努力の結果により、そういう印象が
定着したのだと、私は思っています。
もちろん、皮肉ですけど。
今の時代、毎日定時でなんてことはありえません。
民間では当然でしょうけど、
残業しても、残業手当は出ません。
(これはうちの町の場合ですが)

前にも書いたけど、私の町役場には
仕事をするために、登庁して来る職員と
給料をもらうために、登庁してくる職員の
2種類がいます、現実に。

これは民間の会社では、ちょっと理解しずらい
かもしれませんけどね
やっかいごとを起こさない限り、公務員は
法律に守られていますから

でも、なんだか公務員が批判されても
仕方がないような気がしてきたんですけど・・・

いや、言いたかったことは
ほとんどの公務員は真面目に、一生懸命に働いているよ
ということです。

だったら、最初から、そう書けよ!!

すいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月 1日 (木)

ビール・ビール・ビール

毎日、毎日、暑いですね。
こういう季節はビールがうまい!

ビール大好き宣言を、いまここで、宣言させていただきます。

今、一番、好きなのはサッポロの黒ラベルかな、
サントリーのモルツも捨てがたいし、
ヱビスももちろん、飲んでいます。

学生の頃、確かキリンの一番絞りが出始めて
そのときは、本当に一番絞りばかり
飲んでいたけど、最近はあまり飲んでいないな。

しかし、アサヒ系統は、私は駄目ですね
ドライとか、うまいとは思えない

そう言えば、バドとか、クアーズとか、最近あまりみかけないな
ギネスもおいしいですよね

学生の時は、サントリーのペンギンボトルを集めていたな
う~む、いろいろと思い出してきた。

学食で、夏の2日間くらい、ビアフェスティバルをやって
いたんですよ、スタッフも学生で

そこへ、友達といって飲んだな、全部で6人くらいだったかな
で、普通は飲み干した紙カップを回収するんですけど
いつしか、テーブルの上にゴロゴロしだして、
ピ~ン!!ときたね。
紙カップでピラミッドを作り始めて、閉店間際になるように
時間調整までして、天井まで積み上げました。
てっぺんの、最後の一個を乗せるときには、
気分はビックリ日本新記録でした。

夏がくると、あの頃を思い出すことが多くなります
単に年を取っただけかもしれないけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »