« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月29日 (水)

eagle fly free

すいません、今日も仕事のグチです。

なんだかなー
毎日毎日の張り合いがないというか
やる気がわいてこないんですよね

お役所は、まあ通常より変人が多いところですが
それでもさ、基本的には、住民のために働いているわけですよ

けっして、偉い人の利益のために働いているわけではないと

いや、青臭い意見ですけどね、
でも、基本はそうでしょ。

で、住民のために、という目標を達成する過程で、いろいろと
偉い、偉くないとか、
こっちが優先、こっちは後回しとか、
派閥だとか、縁故とか、
そういったどろどろしたものが出てくるのではないでしょうか
と思ってしまうわけです。

あくまでも、目標があって、その達成のためだと思うのですが

順番が逆では、やはりおかしいですよね。

それと、私は政治が大嫌いなのですが、
どうもうね、偉い人どうしの政治的な話し合いの中で、
私の身分が扱われている匂いがプンプンしてくるんですよ

耐えられないですね。
ホント、仕事を辞めようかと、最近は真剣に考えています。

・・・
なんか、今週は明るくない話題が多いな

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年9月28日 (火)

High speed on Ice

大学時代に(もうだいぶ前のことだけど)よく酒の肴にした話に
反原発コンサートがありました。

当時、新潟でも柏崎あたりで「反原発ロックコンサート」が
何回か開催されていました(今もやっているのかな?)

ただし、一度も観たことはありません。
話の中心は、アンプとかPAとかの電気を
どうやって調達していたのか、ということでした。

自転車で発電機を回してとか、いやいや黒部ダムから電線を
直接ひいて来て、その電力でやっているんだとか
乾電池をつないでいるに決まっているだろう
とか、
まあ、そういったくだらない話です。

でも、実際のところはどうだったんでしょうか。
「反原発」で「アコースティック」なら、まだ分かるんですが
「ロック」と来たときには、やはり、その電気のモトが気になります。
原発の電気を使ったのでしょうか
でもそれでは意味がないですものね「反原発」の

私は原発容認派です。
ただし、今の国や電力会社のやり方でOKとは
思っていません。
ただ現実問題として、原発をうまく利用しなくては現代社会は
なりたたないだろうと

原発を止めて、火力発電にもどるのも温室効果が気になるし、
いまさらダムを作って水力発電というわけにもいかないでしょう。

自然エネルギーも「大量に」、「安定して」供給できるレベルには
達していないし、
できることといえば節電、節エネルギーを心がけるのが一番では
ないでしょうか。

まあ、それはそれとして
反原発ロックコンサート
電気はどこからもってきたのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月27日 (月)

悲しい色やねん

なんだかカウンターが伸びているんですが
どこかで何かが起こっているのでしょうか

さて、ここ何日かはいろんなところの掲示板に書き込みをしていまして、
ふだんはROMが基本なので
なかなか自分のところで(ここのことです)テーマに集中するのに
苦労しています。

なにか、こう「書き込まなければ」という魂の鼓動があるんですよね

でも単に「荒らし」認定されていたりして

でも、こうやって自分で考え、自分の言葉で語るというのは
本当に大切なことです。痛感します。

中学や高校の頃は、人の意見を、さも自分の意見のように
語ることがかっこいいと思っていましたが
社会に出て、自分の言葉で語る必要に迫られると
やはり、考え込んでしまいますね。

職場の上司連中は、新聞とか、人の意見を語って
さも自分の意見のように語っていますが
一度、裏が見えてしまうと、本当に背中が透けて見える気がします。

また、仕事柄、街の人の意見を聞くことも多いのですが
見事に自分の意見をもっていません。

以前、街の体育館を使用して、何かの講習会があったのですが、
街の人から問い合わせが来て
「街の施設を使ったのだから安心だ」みたいなことを言われたのですが
自分の頭で判断することを放棄していますよね。

街の施設は信用できるから貸しているのではないことをまず
知ってもらいたいと思います。
(NTTの株券も似たようなことでした)

何回か書き込んだ市町村合併も、議員のあの人が言うんだから
と、自分の判断をしていない人が多いです。
正直に、そういた人を見た感想を言います。

人間ではないとおもいます。
私は、動物レベルの人と話をしているのだとあきらめました。

辛らつな言い方ですが、
こうやってブログをやっている人に理解を求めるのは難しいかも知れませんが

そういう人も、実際にいるのです。
何か、悲しくなるような言い方で、今日はこれで終わりにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月23日 (木)

何年か過ぎたときに、今日を忘れないために

夕べは、明日は遠足!という気分で
久しぶりにドキドキしながら眠りについたわけですが、
さて・・・

実は、甥っ子がバスケットシューズが欲しいと
いうので、一緒に出かけて買ってきました。
ホント、それだけなんですけど、
甥っ子と出かけるのも初めてだし、けっこう
ドキドキ度が高かったんです。

バッシュはナイキあたりかとも思ったのですが
地味にコンバースでした。
しかもオールスター
甥っ子は小学生ですが、もっと野望をもてよ
と思いましたが、あまり贅沢をさせてもと思うと
「よし、これを買うたるで!」
と何故か関西弁になったりして

でも、そのお店の店員さん、二人いたんですが
AとBとしましょう
色とサイズを探していたらAが来て、展示品以外は
触らないでください、とのこと
じゃあ、店員さんに探してもらおうと
今Aがいたところを振り返るとAはいません。
お前よ、触っちゃいけないなら、お前が触ってくれなければ
何もできないだろ
「サイズと色は?」くらいのせりふも言えねえのか!!

で、しばらく探していたら
(知識があれば箱を見れば色とサイズは分かるようにできています)
Bが来て、「何をお探しですか」ときた

そう、その一言でいいんですよ
客に「触るな」というより、その一言でいいんです。

う~ん、今思いついたけど、そのとき店の偉い人を呼んで
もらってBをほめてあげるべきだったな
B君、ごめんね

で、店のことはどうでもいいんですけど、
甥っ子と遠足気分を満喫した秋分の日でした。
天気が良ければ、もっと楽しかったんだろうけど

また、一緒にでかけたいな
甥っ子はいやがるかも、しれないけど

PS
注文しておいた仕事用のキーボードが届きました
某有名店(ネット上)は、本当に仕事が早くて、丁寧で、親切です。
さっそく明日から使ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月22日 (水)

もう、秋だな・・・

なんだか、今週は短い気がする。
旗日のせいですかね。
旗日って今は使わないか。なんかいきなり年を取った気がする
今日、この頃でした。

ちょっと、今、遠足気分を密かに楽しんでいます。
訳は明日書き込みますね。

さて、普段はあまりニュースネタは書かないようにしているんですが
今日は書きます。

イチローは凄い!!
1試合で5安打ですよ、記録達成のプレッシャーの中で!
とても我々普通人では想像することもできない世界で
彼は日々、活躍を続けています。
今までは松井秀選手を応援していたけど、イチローも応援します。

ただ、反面、彼をうらやましく思うこともあります。
世界の頂点で、彼は、自身の限界を極めようとしているわけです。
私もそんな世界で試してみたいです。
もちろん、ベースボールの世界ではなくて、ですが
自分がどこまで通用するか、試してみたい
そう思います。

でも、私の周辺では、こういう意見は中々理解してもらえません。
その辺のギャップもあって、日々ストレスがたまったりしてね

でも、本当に、許されることなら、チャレンジしてみたいですね
自分がどこまで通用するのかを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月21日 (火)

復活しました

復活しました。
先週はいろいろと時間的にも忙しく、精神的にもかなり気をつかう
状態だったので、書き込みはしませんでした、というか
できませんでした。

ということで、今日からまた、いろいろと書き綴っていきたいと思います。

早速ですが、職場にいよいよパソコンが一人1台の状態で導入され、
いろいろと個人的に使いやすく設定をいじくっています。
といっても、レジストリとかは当然、変更不可なので、マウスとか
キーボード辺りの周辺機器をいじっています。

で、マウスはいろいろ種類もあって、情報も多く選びやすいのですが
キーボードは種類も情報も少ないんですよね。
ネット上でもそうですが、お近くのパソコンを扱っている大手の電気店
へいって、キーボードの単体を探してみてくだいさい。
マウスとの扱いの差に驚くと思います。

まあ、キーボードは最初から、あるのが前提ですから、こうなるのも
仕方ないのでしょうね。

さて、職場のパソコンは当然、安いものなでのキーボードも
それなりのものなのです。
今まで、ノートパソコンを主に使っていたので、キーボードは
パンタグラフのノンクリックにする予定です。
実は注文はすでにすんでおり、早く手元に届かないかなと
夢見がちな今日この頃でした。

あと、フォントが少なくて困ってしまいました。
仕事の都合上、行書体のフォント、特に有澤行書体が
必須なんですが、どうも「筆ぐるめ」を購入するのが一番早くて
安いみたいですね。
違った方法があれば、ぜひ教えてください。

あと、ワープロソフトももめているんですが、以前にも書いたように
私はワードなんですが、一太郎派もけっこういるようなんです。
でも、ある人がいうには、ワードの方が、世間では主流だという
ことなんですが、本当のところはどうなんでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年9月15日 (水)

ごめんなさい!!

すいません。
今週はどうも忙しくて、なかなか書き込み出来そうに
ありません。

ということで、
多分、いないだろうけど、
私の書き込みを楽しみにしている方には
申し訳ないですけど
来週をお楽しみね!!

そういえば、サザエさんについて・・・
いや、その件についても
また今度の時に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月11日 (土)

私の好きなブログ

あきたんさんの新潟を紹介するblog
「好きなブログ」ということで紹介されてしまいました(照

いや、なんだか、本当に恥ずかしいです。
大したことも書いていないのに、こんなふうに受け止めて
もらえるとは
ブログをやってて、そしてココログで良かった
と本当に思いました。

あきたんさんの「新潟を紹介するblog」は、私のページと違って
美しい写真がたくさん掲載されています。
時には息を呑むほど、懐かしい風景があったりして

いつかは、あきたんさんのように、多くの人が訪れることを
楽しみにしてくれるようなページにしていきたいです。

でも、その前にデジカメ購入も真剣に検討する必要があるかも

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004年9月 9日 (木)

閑話

公務員の給料体系にも能力給を導入する
方向に進んでいるみたいですが、実際のところは
どうなんでしょうか。

民間の企業と違って、評価の仕方が難しいような
気がします。

住民に評価が高くて、同僚からの評価が低いとか
上司の受けはいいけど、下からの信頼感がゼロだとか
客観的なものさしがない分、難しいと思えます。

あと、現在でも足の引っ張り合いで毎日、毎日を
過ごしているのに、能力給なんか導入したら
足の引っ張り合いがもっとひどくなるのではないかと
想像してしまいます。
業績の評価も、上司が部下を評価するだけでなく
部下が上司を評価できるようにしてもらいたいし、
評価は公表するようにしてもらいたいですね。

確かに現在の年功序列で自動的に昇進するのも
考え物ですが、だからといって能力給の導入が
正しく機能するとも思えない。

現実問題、(これは私の役所だけだと思いますが)
どれだけ、効率的に仕事をこなしたか
より
できるだけ仕事をしないで、1日を過ごしたか

平気な顔をして、話せる職場なんですから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年9月 8日 (水)

市町村合併について 3

こりずに市町村合併について

国が進めようとしている三位一体の改革
補助金と交付税と税源移譲のことですが

この間も、新聞で義務教育費の国庫負担制度の
関係で全国知事会とのやり取りがありましたが

現在、一番、知りたいのが、
補助金を削り、その税源を地方に移譲する。
その移譲の仕方なんですが、
何を算定の基礎にして、地方に税源の移譲額を決めるのか
ということです。

財務省、総務省のHPを見ても一言も書いてないし
3兆円だ、6兆円だと主張する全国知事会のHPにも
どのように、移譲された税源を地方に交付するのか
一言も書いてありません。

書けない、という事情も分かりますが、
たとえば3兆円の税源を国から地方に移譲するとして
真っ先に聞きたいのが、「どうやって、地方団体の交付額を計算するのか」
ということだと思うんですが、

東京に1兆円、その他の団体で2兆円を等しく分けるとか
いや、全国一律で同じ金額にするとか、
県が10%、市町村が90%で、それは人口に比例してとか
今の交付税の算定方法と同じ形でとか

国がいくら手放すかよりも、自分の住んでいる町が
あるいは県がいくらもらえるか、が一番重大なことでは
ないでしょうか。

仮に10兆円の税源移譲が決まって、人口に比例して
東京都にその1割の1兆円、残りはかく道府県で、
ということになって、全国の知事さんたちは納得するのでしょうか

一説には
交付税の削減は、財源保障機能を小さくし、財源の均衡制度を
優先させるためだという財務省側の主張もあるようです。

市町村合併の話の最初に出てきた「1万人規模の基礎的団体」
を、まさしく想定しているようです。

地方特例交付金なんかはまさしく人口比例をもとに
計算されているようですし

私の街も合併ではなく、「自立」の道を選びそうです。
でも、将来の財源が一切計算できない中で、そうした
選択肢は、果たして有効な判断材料となるのでしょうか

その点が、今一番の不安材料です。

議会の議員さんは「合併すると交付税が減る」という主張を
されているのですが、合併すると行政コストが下がり(燃費が良くなり)
その結果(実際の支出が減るため)交付税が減る、
ということが分かっていません。
単に、交付税の(将来推計の)額が減るから、合併は反対である
と主張されています。

いくら、合併しないと非効率的な部分が増えて、その結果
交付税は(計算上)増えるけど、実際の支出は
それ以上に増える、と言っても理解してもらえません。
くっ・・・無力

あと、これは私の街だけ、でしょうけど
合併しなければ、今までと同じ行政レベルが期待できる
と、住民が信じていることです。
市町村合併の前提条件が理解できていないのです。

今までと同じサービスの提供がかなり難しくなることが
想定できるので、それに備えるため、市町村の合併を
検討しているのです。

まあ、でも、どちらにしても全国的に、道は二つしか
残されていません。
合併して苦しむか、合併しないで苦しむか
(中には悠々自適なところもあるでしょうけど)

皆さんのお住まいの街はどうでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004年9月 7日 (火)

BURRN!創刊20周年に寄せて

相変わらず、夜はニフティは重いですね。

さて、皆さん、読みましたか?
今月号のBURRN!
何でも創刊20周年記念号だとか
HM/HRのこの20年が一読で分かってしまう。
大変にお買い得な内容になっています。

立ち読みや座り読みでなく、買ってゆっくりと
読みふけってほしいです。

20年前というと、大学生のときだな
新潟にいた頃です。
世間ではBOΦWY(綴りが違う?)が流行っていましたが
当時は全然興味なかったな
布袋が読めなくて「ぬのぶくろ」とかマジで言っていました。

当時の新潟大学は「五十嵐砂漠」と呼ばれていて
いや、まじ、砂漠でした。
現在の新潟大学しか知らない人はビックリすると思いますよ。
まだ、大学周辺は木に覆われていました。
ちょうどバブル経済の頃だったせいもあるのでしょう。
マイカー通学とか、アパートの冷房とかが普及し始めた頃です。
私は貧乏学生だったので、当然冷房なんぞ縁のない生活でした。
扇風機すらなかった。
万代シティのダイエーで、小さいスイカのカッコをした小型の
扇風機を買ってきてみたものの、皮膚の2センチあたりまで
近くに寄せないと風が来ない!
顔に寄せると、ひげをそっているような感じがしました。

当時の友達で連絡を取り合っている人の数も
だいぶ減ってきたけど、今でも、一番に思い出すのは
やはり、新潟で出会った人たちです。

自分の年齢とか、社会的なこととかあるのでしょうけど
あの頃が、一番、

いや、それは言わないことにしましょう。

BURRN!を読んでいて、当時を思い出してしまいました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 6日 (月)

はなしことば

ちっとばかし、体調が良くないです。
気分も高ぶってこないし、
月曜日は、こんなものでしょうか。

最近は、慣れたせいか、あまり気にならなく
なってきたけど、コンビニで「○○円から、お預かりします」
の「から

やはり気にいらないんですけど・・・

あと、日常会話の「・・・みたいな」
「俺に似合う、みたいな」
とか
「ああして、こうして、みたいな」
とか

一度、気になりだすと、異様に気になるんですよね。

あと、仕事柄、広報の原稿づくりもするんですが
どうしても、語尾が「・・・と思います。」
とか
「・・・だと考えています。」
みたいな表現が多くて

多少、問題があっても、「・・・です。」と気持ちよく
言い切りたいものです。

でも、これは一種のお役所言葉かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 2日 (木)

9月の雨

浅間山も小康状態を保っているようでなによりです。

今日はいろいろあってちょっとへこんでいます。
まあ、長い人生、雨の日も風の日もあるさ
と割り切れればいいのですが・・・

そんな気分になれない日もあるということで
ちょっと、これから、ゆっくりと落ち込みたいと思います。

その前にちょっとだけ

この前、ゴジラフェスティヴァルに行ってきて
vsスペースゴジラが見たくなり
結局、買ってみています。

うーん
面白いけど、やはり怪獣映画だよな。

変にヒューマンな要素を入れるから、子供っぽく
なるような気がします。

主役はゴジラでいいじゃないですか。

あと、宇宙空間で羽ばたくモスラは、やはり納得いかん。


ゴジラ・ミレニアムも見たいんですが、
なにぶんDVDが高くてね・・・

平成ゴジラでは、ビオランテが今のところ
一番ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 1日 (水)

浅間山  噴火?!

えーと、本日の20時過ぎに浅間山が噴火しました。
私の街は、比較的近くに位置するため
かなり大きな音がしました。
音と同時に、なんて言うんですか、圧力
風も吹きました。

正直、最初はガス爆発か、隕石でも落ちたか
と思いました。

たまたま、そのときに役場の近くの自動販売機で
タバコを買って帰るところでしたので、そのまま
役場へ急行、電話対応に追われました。

いやーー、本当にビックリしました。
幸いに、私の街では、被害等は今のところないよう
なのですが、やっぱり火山て怖いですね。

で、こういうときに機動力を発揮しないと
役場職員は困るわけですが、今回は何とか
合格点では?と、私は今のところ思っています。
もっとも明日になれば連絡が遅いだの、いろいろと
言われるとは思いますが。

ただ、情報の伝達という意味では、やはり考えさせられました。
本当の情報が入ってこないんです。
情報はたくさん入ってきますよ。
でも、それを見分ける手段がないんです。
Aという情報が3人から来て、Bという情報が1人から来て
あなたはどちらを選びますか。
災害は多数決では決められないし、ソースが同じだとしたら
数に意味が無くなってしまう。

広報の大切さを痛感しました。

追伸です。

内緒ですが、うちの街は結構有名な町なので(内緒終わり)
報道各社から問い合わせが結構きました。
報道各社の皆さん。
せめて、地図で位置を確認してから、取材してください。

もう一度、念のために書いておきます。

地図で位置を確認してから取材の電話を入れてください。

私たちは、地域住民の安全の確保が第1なのです。
役場の電話番号や、浅間山がどこにあるかくらいは
自分で調べてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »