« はなしことば | トップページ | 市町村合併について 3 »

2004年9月 7日 (火)

BURRN!創刊20周年に寄せて

相変わらず、夜はニフティは重いですね。

さて、皆さん、読みましたか?
今月号のBURRN!
何でも創刊20周年記念号だとか
HM/HRのこの20年が一読で分かってしまう。
大変にお買い得な内容になっています。

立ち読みや座り読みでなく、買ってゆっくりと
読みふけってほしいです。

20年前というと、大学生のときだな
新潟にいた頃です。
世間ではBOΦWY(綴りが違う?)が流行っていましたが
当時は全然興味なかったな
布袋が読めなくて「ぬのぶくろ」とかマジで言っていました。

当時の新潟大学は「五十嵐砂漠」と呼ばれていて
いや、まじ、砂漠でした。
現在の新潟大学しか知らない人はビックリすると思いますよ。
まだ、大学周辺は木に覆われていました。
ちょうどバブル経済の頃だったせいもあるのでしょう。
マイカー通学とか、アパートの冷房とかが普及し始めた頃です。
私は貧乏学生だったので、当然冷房なんぞ縁のない生活でした。
扇風機すらなかった。
万代シティのダイエーで、小さいスイカのカッコをした小型の
扇風機を買ってきてみたものの、皮膚の2センチあたりまで
近くに寄せないと風が来ない!
顔に寄せると、ひげをそっているような感じがしました。

当時の友達で連絡を取り合っている人の数も
だいぶ減ってきたけど、今でも、一番に思い出すのは
やはり、新潟で出会った人たちです。

自分の年齢とか、社会的なこととかあるのでしょうけど
あの頃が、一番、

いや、それは言わないことにしましょう。

BURRN!を読んでいて、当時を思い出してしまいました。 

|

« はなしことば | トップページ | 市町村合併について 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23012/1381528

この記事へのトラックバック一覧です: BURRN!創刊20周年に寄せて:

« はなしことば | トップページ | 市町村合併について 3 »