« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月30日 (火)

初雪!!

と、いうわけで今日は雪でした。
朝のうちだけだったですけど、
早速、IXY 50でHonda Fitとともに初撮影!!

Honda Fit です。

こんな感じですかね。

いよいよ師走、
あまりのんびりともしていられませんね。

でもって、はたと気づいたのですが・・・
あまりデジカメで撮影する素材がないような・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月29日 (月)

反省・・・

いやあ、先日の自分の書いたものを今一度
冷静になって見直してみると、
やはり、つまらないですな。
ポジティブシンキング、前向きでいきましょう。

デジカメを買いました!!
ちょっとずつ、写真などを撮り、ここにも載せていきたいです。
機種は、いろいろと迷ったのですが
CANONのやつにしました。

じゃーん♪
IXY digtal 50 です

カシオの薄いやつとかオリンパスのμとか
「最初は、簡単に撮れるほうがいいよな」
とか思いつつも、やれ光学ズームが欲しいとか
F値の小さいやつがいいとか、
いろいろと条件をつけて、これにしました。

といっても今電池の充電中でして
まだ動かしていないんだけどね。

あと、スパムメールが、最近本当に多いですね。
片っ端から削除していますが
あれを利用したり、利用されたりする人って
本当にいるのかな
だって、普通の人なら見ないし、興味があっても
メールを開くこともないと思うのですが。

でも、そういうのにだまされる人がいるから
流通しているのかもしれないですが・・・


P.S.
NIFTYの新潟中越地震支援ページをリンクを
削除しました。
でも、これで終わったわけではなく、新潟の冬を
知らない人には、本当に想像もできないほど
雪の降る地方なのです。
たぶん、今までより、この冬の間中、ずっと大変な
思いをすることになるのでは、と心配しています。

また、この地震だけなく、台風、水害、火山噴火
など、多くの方が災害に見舞われ、通常とは違う
年末を過ごすことになるかと思います。

なんらかの形で少しでも力になれればとも思います。
そのためには、忘れないこと。
これがスタートでは・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月25日 (木)

今日は愚痴です。読まないで(だったら書くなと、もう一人の私が言う)でも、書きたい日もあるさ

今日は、ちょっと怒りモードです。
何かあったわけではなく、ちょっと考え込んでいたら
怒るべきだよな、と思っただけなんですが
そう思ったら、腹がたってきたという
なんだか、訳の分からない怒りモードです。
読む方は、その辺、ご了承の上で読んでください。


ということで、


仕事でワードやエクセルを使うようになってから
随分と経ちました。

あれができるといいな、とか
こんなことができればいいな、とか
ドラえもんの歌ではないですが、そのために日夜
ああじゃない、こうじゃない、と試行錯誤を重ねてきました。

で、ある日、上司にエクセルで
「ここに数字を入れると、ここに集計が出ます」
と説明したら、
「(俺が分からないから)こんなの使えん!!」
と一蹴されました。

「俺は馬鹿だから、馬鹿でも分かるように説明しろ」
みたいなことも言われました。

でも、ちょっと待ってください。

私も朝、目が覚めたら、「出来た!!」
という訳ではないんですよ。
時間と経験とを積み重ねて、ここまで来たんですよ。

というようなことを思い出しました。

長いけど、ここまでが思い出したことです。

で、よく考えたら職場(街の役場)で
偉そうにしている人は、たいてい、このパターンなんですが
冷静に考えてみると

なんで努力した人が
努力をしようともしない人にどなられなければならないのか

ここです。ここに、腹が立ちました。

みんな、寝て、座っていて、何かを得ているわけでは
ないですよね。
それなりの対価を払って、技術や知識を得ているわけです。
ところが、特に私の周りでは
なぜか、努力しない人に限って
「俺にも分かるように説明しろ」と言われるんですよね

で、親身になって説明すると
「俺は馬鹿だから分からない」
と、あっさりいわれたり・・・

本音を言えば
「そんなに馬鹿じゃ、しょうがないですよ」
くらいは言い返したいんですけど、
そんなことをすれば、火にガソリンを注ぎこむようなものですから

でも、努力した人が、その努力を認めてもらえないのは
やはり、納得いかんです。

でも、そういう努力をしない人に
決して「お前も努力しろ」と言わないようにしています。

そういう人たちの努力とは
他人の足を引っ張ることなんですから・・・

(悲・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月24日 (水)

冬はなべ料理、これに尽きるでしょう

いやあ、今日も寒いですね。
いよいよ冬の到来ですか。
できれば、今年の冬はあまり寒くならないこと願っています。

さて、冬と言えば!!

何はなくとも、なべ料理でしょう。
以上、終了。
撤収。

大学時代は、本当になべ料理を楽しんでいたのですが
実家に帰ってからは、一度も楽しんでいないことに
たった今、気づきました。

宴会のなべは個人個人だし、
やっぱり一つのなべを大勢で囲むから面白いんですよね

肉団子を作るのが異様に好きな人がいたり、
灰汁取りのみに神経を集中させる人がいたり、

いやあ、本当に性格がでますよね。

かくいう私は、
う~ん、
やはり自分で自分の評価は難しい
ま、控え目であったということにしておきましょう。

自分ひとりで作るときは
油揚げと白菜のみのなべが好きだったな。
味付けは醤油と少量の砂糖、ポン酢でいただくという
見た目は地味だけど、味も地味でした。
でも、好きだったです。

また、大勢でなべを囲んで楽しい一夜を過ごしてみたいですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月18日 (木)

Staff union

今日は忙しかった。
さすがに疲れました。

さて、お役所にも職員組合というものがあるのですが
な、なんと、役員を引き受けてしまいました。
本音を言えば、組合活動なんかは大嫌い
なんですが、どうしても頼まれて引き受けてしまいました。

以下、具体名はなるべく避けますが、
公務員の職員組合は、やはり政治色の強い部分があり、
○○系だったり、××系であったり、するわけです。

一番、気に入らないのは、一般の人が使わない言葉を
平気で使うところ

「たんそ」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか

私は「炭素」、カーボンのことだと思いました。
なんか違うらしいですね。

だから集会なんかに強制参加させられるとひどい目に
あいます。

だって、何を言っているのか、全く分からないのですから

ただし、それとは別に組合の役員を受けたからには
職場環境を少しでもいいものにしていくように
努力は惜しまないようにしたいとは思っています。

でも、それが一番難しいんですよ。
悪く言えば、お役所は足の引っ張り合いで
成り立っている部分が大きいですから

でも、小さいことからこつこつと
やっていけるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月17日 (水)

いろんな街のホームページを訪ねています

仕事柄、各地方公共団体のHPを覗くことが多いのですが
地方、地方により、いろいろと違いますね。
業者のフォーマットのままのところや、
職員が手作りで運営しているところなど
見ていて、本当に勉強になります。

と言いながら、うちの街ではHPの開設自体が最近
だったので、とても充実した内容とはいえない状態です。

気になったのが、市長さんや町長さん、村長さんの
名前の入っていないHPが結構あることです。
最低限、名前くらいはHPに載せてもらいたいですね
なんといっても公人なんですから。

贅沢を言えば、振り仮名をつけてもらいたいです。

あと、内容的には大きく2つに分かれていて
一つは住民向けが中心
もう一つは、観光客やらの外部向けのHP

これはきれいに分かれています。
両立できればいいのですが、なかなかそうもいかないですよね

あと、一時期までは詳しい内容だったのが
突然、更新が止まって2年くらい前の情報がそのまま
という、ところも多いです。
担当者が代わられたのでしょうが
継続することも、行政の大切な任務ですから
これも何とかしてもらいたいです。

一番、神経を使うのは、やはり掲示板ですか
あるところとないところ、
ちなみにうちの街にはありません。
荒れてしまう心配がやはり大きいですよね
でも、身近なコミュニケーションとしては
有益なような気もするし・・・
本当に難しいところです。

最後に、これは個人的な希望ですが
財政関係の分野はできるだけ詳しく掲載してもらいたいなと

いや、単に調べもので楽をしたいだけです。

最後のちなみに、うちの街には財政関係の記載は
一切ありません(涙

・・・財政担当に戻りたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年11月16日 (火)

October-November

寒いっす。
山のほうには雪が降ったそうです。
ああ、かくも短き秋よ、今しばらく、私のそばで
まどろんでいてほしかった・・・

ということで
仕事柄、そろそろ新年の挨拶を書き始めました。
(自分のではなく、偉い人の挨拶です)
たぶん「今頃、遅い!!」と言われる方も
いるとは思いますが、活字などにする場合は
この時期に、新年の挨拶を書くのは
すでに常識ですよね?(ホンとかな)

で、当然のごとく、年末の挨拶も同時進行で
書き進んでいくわけで、あと2週間もすると
プライベートと仕事の両方に追われて
訳が分からなくなるという、
これが私の年末進行ですかね

そろそろ年賀状の準備もしなくてはならないし

ちょっと前までは年賀状ではなくて
クリスマスカードを出していたのですが
あまりの不興により、そして年賀状を出さないと
連絡ができなくなる人が続出したため
今では、普通に年賀状を出すようになりました。

でも、国民性の違いというか
年賀状は1月1日を過ぎて届いても
一向に構わないけど、1月1日の前に届いては
いけないわけですが
クリスマスカードは12月に入ればいつ届いてもよく
逆にクリスマスを過ぎるとあまり良くないと
いうようなことを聞いたことがあります。

でも、どちらにしてもまだ11月
もうちょっとゆっくりとすごしますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月15日 (月)

ディスタンス

先週の木曜と金曜(11日~12日)は、珍しく
東京出張でした。
といっても、偉い人の荷物持ちで、うろうろしていた
だけでしたが。

で、なんで、地下鉄とJR(E電か?)とで共通する
パスカード、あるいはプリペイカードがないのでしょうか

SUICAでもメトロでも、なんでもいいから共通できる
せめてプリペイカードが欲しいです。

田舎ものの私としては切符を買う現金の出し入れさえ
緊張してしまいます。

ということで、タクシーを利用することもあるのですが
東京のタクシーの運転は怖い!!

田舎ものの常識ではありえない運転ですよね。
別にそれを非難するわけでも、なんでもないです。
ただ、自分の実感として怖かったと。

でも、何台も利用したんですけど
全部怖かったですから
東京と地方では感覚が違うのだと思います。
東京、人と車が多過ぎ・・・
と正直感じてしまいました。

で、地元に帰ってくると、こちらはこちらで
田舎丸出し!!
と思うことも多々あり、
結局、住めば都か
と、独り言をつぶやく月曜日でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月10日 (水)

ハッピーマンデー

仕事の手があいたので
エクセルでカレンダーづくりに挑戦しました。

WEBで何かいい方法はないか?
と、いろいろ探したのでですが
みんなマクロをつかうものばかり
関数で一発!
というのは難しいみたいです。

なんといってもハッピーマンデーが壁でした。

とりあえず、月ごとに月曜日の数を数えて
それで処理する形にしてみましたが、
これはメンテナンスが大変なので、
あとで、もっとうまい方法はないか、挑戦したいと思います。

あ、とりあえず2015年までのカレンダーを作ることができました。
(春分の日、秋分の日が2015年まではだいたい分かっていたので)

で、気になったのが国民の休日ですか。
いわゆる5月4日の休日のことです。

法律の規定の仕方が
簡単にいってしまうと
「日曜日以外の祝日と祝日にはさまれた日」は
休日とする
みたいな書き方なのですが、

今までは5月の4日、憲法記念日と子供の日に
はさまれた5月4日しか該当日がなかったのですが
ハッピーマンデーの施行により
9月にも出てくるのです。

敬老の日と秋分の日です。
敬老の日が9月の第3月曜日
秋分の日がだいたい9月の23日頃
(秋分の日は年によって違います)

私の作ったカレンダーが正しければ2015年までに
2回、敬老の日と秋分の日が中1日で出てきます。

この日は国民の休日となるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 9日 (火)

オリオン座

今日の仕事帰りに、久しぶりに星空を見上げました。
な、なんとオリオン座

冬が近いなと実感させられました。

昔は(小中学生頃)、星空を眺めるのが好きで
将来は天文学者になりたいと思っていましたが、
興味が天文学から物理学へと移り、
高校生の頃には、京都大学へ行って
湯川博士の後輩になるのだと、野望を燃やしていた
頃もありました。青春だな・・・

そういえば、当時予備校の模試を受けて
物理のテストで5点をとったことがあったな。
よく、あきらめなかったものだと今更ながらに
感心してしまいます。

おかげさまで某新潟県の物理学科のある大学に
入学できましたが、卒業まで7年かかるという
おまけもついてきちゃったと。

でも、時々星空を見上げては
果たせなかった夢のこと
昨日のことや今日のこと、明日のこと
そしてずっと遠い未来のことなど

重力の束縛を逃れて思いをはせる
そんな感じで、あれこれと時を忘れて考えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 8日 (月)

冬の足音

やっと、カウンタが2000を超えまして
素直にうれしいです。
これからも、こつこつとやっていきたいと思います。

さて、今日も地震がありました。
一日も早く、新潟県中越地方の復興が
なされますよう、祈っております。

さて、私の住んでいるところでは
秋の紅葉も終わり、冬支度に取り掛かり始める
ところです。
今年の冬があまり厳しいものにならないと
いいですね。
自分はスノースポーツはしないので
(というか、スポーツをしてないですね)
雪は、降ってもいいけど、積もってほしくないです。

確かにホワイトクリスマスとか、
絵的にはいいですけど
屋根の雪かきや、道路の除雪作業は
正直、つらいものがあります。

でも、スキー場とかは、人工降雪できるとは言え
やはり降り積もらないと、営業的にはつらいです。
いっそのこと、スキー場だけ、雪が降ってくれれば・・・

そんなわけにはいかないか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 7日 (日)

Wink ?

い道路交通法が改正されて
運転中の携帯電話の使用が罰則をもって禁止されましたが
それよりも、最近、あぶないなと感じているのが
「ウィンカーを出さずに曲がる車が多い」
ということですが。

信号待ちの時も、動き出してからウィンカー
を出す車も多いし、ひどいのはいきなり
曲がりますからね。

ウィンカーを出すということは、
周囲の人間に「私は曲がります」という
意思表示をするためにやっていることです。

車という、表情を持たない無機物と、周囲の人間が
コミュニケーションをとるためにやっているのだと
私は思っています。

十字路の交差点で、いきなり車が左折したら
誰だって驚きますよね。

いつでも、どこでも早めにウィンカーをだしましょう
キャンペーンみたいなことを
やってもいいのでは、と思った日曜の夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 6日 (土)

床屋さん、ありがとう

今日はひさしぶりに床屋へ行ってきました。
どのくらいひさしぶりかというと
前回、いつ行ったのか思い出せないくらい、にひさしぶりです。
たぶん、半年振りだと思うのですが

で、思い切って短くしてきました。
これであと1年くらいは床屋にいかなくてすむでしょう
(おいおい・・・)

で、実は2週間くらい前から床屋にいきたいと
思っていて、いろいろと床屋さんを探していたのですが
私は、普通の床屋が好きだ、ということに気がつきました。
おしゃれなカットハウスみたいなのには
恥ずかしくて入れませんでした。

それと床屋さんの高年齢化です。
あまり若い人は働いていないですね。
もっともこれは私の地方だけかもしれませんが。

なぜ、あまり床屋にいかないかというと
行くたびに、白髪の面積が増えているのが
いやなんです。

ほんとう、だいぶ白くなりました。
ただ、毛の面積密度を気にしなくてすむので
助かっていますが

あと、いつかは挑戦したいのが
スキンヘッドです。
今いち、勇気が足りないんだよな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 5日 (金)

Trinity

また、ひつこく三位一体の改革について、です。

ところで三位一体の「3」て、なんでしょうか?

地方交付税と国の補助金と税源移譲
この3つのことです。
もちろん、そのもととなるのは皆さんが納めている
税金なのですが、
地方交付税と国の補助金は国を経由して地方に来る、
という特徴があります。

で、近頃ニュースなどで騒がれているのが、
補助金を削減して、その分の税金を直接、地方に回せ
いや、補助金は削減できないから、補助率を下げて
それで勘弁してくれ、とか

ようは、金額の大小が問題になっています。

違うんです。金額の問題ではないのです。
責任の問題なんです。

始まりは地方分権でした。
国と地方が主従の関係から対等なパートナーへと
近づくための三位一体の改革なのです。

最初にやるべきだったのは
「補助金をいくら削って、いくらの税源移譲を行うか」
ではなく、この仕事とこの仕事は地方がやるべき、
これとこれは国が責任を負うべき
という役割分担の明確化だったのです。

義務教育費の国の補助金だって
本来、国が責任を持ってやるべきなら国の直轄事業と
して、学校の先生も国家公務員としてやるべきでしょう。
(ちなみに現在は基本的には都道府県が主体)

この責任分担の明確化がないため、
何の基準もないままに、金額の話だけが先走って
いる状態です。

なぜ、こんなことになってしまったのか
ひとつは、昨年の衆議院選挙です。
「いわゆるひとつのマニュフェスト」というやつですね。

と、ここまできて
なんか、自分としてはのってきたんだけど、夜も遅いのでは
続きは、また近いうちに書きます。

なんて自分勝手な!!
でも
待て!次号!!

ということで、おやすみなさい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 2日 (火)

今日は独り言、しかもつぶやき声で

ここ数日のところ、ニュースのネタが多いですね。
イラク、アメリカ、新札、道交法改正・・・
それぞれ、主張したいことがあるんですが、外の人も書いていますから私が独自で主張するような、こともあるんですが、今日は今日として(なんだ、この文書?)

新潟中越地震でも、やはりマスコミに対して、いろいろと言いたいことが、やはりあります、が、
今日のところは
「マスコミさん、官公庁に電話取材は遠慮できませんか」
という問いかけのみにさせてください。

これは今回の災害に限ったことではありません。
私たち現場の公務員(私は某役場職員)は、住民の方を最優先に
仕事をしています。
もちろん、報道関係への情報提供の重大さは理解しています。
だから、聞かれたことには、なるべく正確に答えるように
しているのです。

ところが、「他の町村はどうなんですか」とか
「それは法的にはどうなんですか」とか
自分で調べられることは調べてから取材をしてください。
あなたたちの思いつきのひとことで1日つぶされることも
珍しいことではないのです。

と、前にも何回か書きましたが、
どうしても経験上、マスコミには冷たい視線になってしまいます。
(もちろん、そうではない記者さんが大勢いることも
経験上、知っていますけど。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »