« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月21日 (月)

三寒四温とは言うけれど

また、一週間が経過してしまいました。
まだ、落ち込んだ状態が続いているようです。

さて、季節的には大学入試ということで間違いはないでしょうか?
ない、ということにして話を進めていきます。

自分自身の経験では、
よくあれだけ勉強したもんだというのが素直な感想ですが
今日はそういうことではありません。


地方の放送局では、以前は、大学などの県内合格者の名前を
速報として、特別番組を組んで放送していましたが
今は、どうなんでしょうか。

で、新潟でも以前はそういうのを放送していました。
しかも、自局のCMで「合格者速報」何月何日というようなことで

新潟のTV局で、テレ朝系はNT21でしたか
その合格者速報のCMを流していたんですが

そのCMには、大学生である私がほんのちょこっとだけ
映っていました。

久米宏さんのニュースステーションの時間によく流れていた
CMでした。

私は背中が映っているだけでしたが、
私の大学の後輩は、満面の笑顔で映っていました。

というか、胴上げされている人は、その年の
大学の卒業生でした。

というか、そのCMに映っている人は全員大学生で
受験者というか、入学者は一人も映っていませんでした。

すいません。
私が謝ることではないですが
あのCMは、実は本当の合格者ではないのです。
(というか、あのCMを憶えている人はあまりいないとは思いますが)

でも、けっこう長期間にわたりこのCMが使われていたのは
確かです。
誰か、思い出した人はいませんかね。


     前日談

このCMは、実は一番最初の年には
ニュース映像として
「本日、***大学で合格者発表がありました」
というニュースの後ろで放送されていたものです。

その前日、酒を飲みながら
「合格者発表の掲示板の前で胴上げをしよう」
と盛り上がったのが、そもそものきっかけでした。

結構な数のマスコミの方がいましたから
新聞なんかにも載っていたりして


念のため、もう一度
謝っておきます。

すいません。


その次の年も仲間内で胴上げをして
ニュースで放映されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月14日 (月)

どうなんでしょう?

何か、週一の更新が当たり前のようになっていますが、
本当は毎日書き込みたいんです。
でも、まあ、いろいろと思うところもありまして

言い訳はいいや。

最近、市町村合併関係のTBをよくいただいております

で、合併反対の方の方が多いような気もしています。

でも、市町村合併に反対する理由というのは
具体的には、どのような理由があるのでしょうか。

南セントレア市みたいな名称をつけるのなら
名前で反対する気持ちも分かりますが、
単に、街の名前が変わるのがいやだ、というのは
理由となるのでしょうか。

まず、なぜ、国が市町村合併を進めようとしたのか
この点について考えてもらいたいと思います。

日本という国の財政が破綻寸前であること
(個人的には破綻していると思っていますが)

その財政を(建前上は)立て直すために
地方と国の役割を明確にして、
地方の仕事は地方で、国の仕事は国で
行えるようにする。

そのためには地方に、仕事を引き受けられる体制と
それを支える財力をもたせるために
小さな町や村を、少しでも減らして
なるべく(国側から見て)効率的な地方の団体とすること

それが市町村合併のスタートだったはずです。
途中から三位一体の改革などで
随分と風向きは変わってきていますが・・・

ということは、これから何年かのうちに
現在、国が指導監督し、補助金をつけて行ってきている
仕事の何割かが、自治事務として、
地方公共団体の固有の事務として与えられてくることに
なるのでは、ないでしょうか。

地方分権の話の中には「自己決定、自己責任」という
言葉が良く出てきます。

良くも悪くも、国は「あとは自分たちでやりなさい」
というつもりでいるのではないかと
思ったりもしています。


○合併賛成派の議員さん
「合併すればこの地域は栄える。教育、福祉も充実する」

→栄えるか、どうかは分からないけど、教育、福祉は
充実しないでしょう。
現在、例えば3つの町村に小中学校がそれぞれ1校づつ
あったとしら、遠くない将来に1校に集約されてしまう
と考えたほうが現実的でしょう。


○合併反対派の議員さん
「合併してしまえば、私たちの街の良さがなくなってしまう」

→地域の文化は役所が作ってきたものではありません。
合併しようが、しまいが、残るものは残り、残らないものは
残りません。結局、そこで暮らしている人々次第では、
と思うのですが・・・


?「合併すると交付税が減る」
?「合併すると交付税が増える」

→これは、なぜか両論が成り立つんですね。
でも、これは基本的には、合併する前の市町村と
合併した後の市町村を比べて言っているわけです。

合併したら、以前の町村は関係ないでしょ
と、単純に思うのですが

う~む
久しぶりに長文となってしまった。
読み返してみると、なんか随分独りよがりな文章でもある

でも、今日の私はこんなところであると
自己完結して終わらせてください。
では・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 7日 (月)

back to back

あいも変わらず、気分的には全然のっていないのですが

ども、お久しぶりの更新です。

なんか、本当に今年はどうなっちゃうんだろうかと
思うくらい、なんか落ち込んだ毎日が続いていますが、

今日は、久しぶり(1週間くらいかな)の青空を見上げる
ことができて、ちょっとだけ息をできたというか
なんか、息継ぎができたようです。

ほんと、今年は雪が多いです。
雪の積もる地方は大変ですよ。

さて、またまた、トラックバックをいただいたようですが
何か傾向としては市町村合併とか、そちらの関係が
多いみたいですね。
(ネタ的には、いろいろとふっているつもりなんですが)

う~む、しばらく、そっちの方面にしぼりこもうかな

とかいいながら、ちょっと、まだしばらくは
更新が滞る予定です。

では、

あっと
カウンターがいつの間にか3000を超えていました。
うれしいっす!!
もうしばらくすると1周年を迎える予定ですが
1日10人くらいは訪れていただいているようです。

こんな、特にこれといったウリも何もないブログですいません。

ま、でも、これからも、なるべく読みたくなるような
ブログにしていくよう努力はしていきたいと思います

見捨てないでね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »